シャドー・チェイサー (2012) : The Cold Light of Day

『マン・オブ・スティール』で新スーパーマンを演じるイギリスの新星、ヘンリー・カヴィル出演のサスペンス・アクション。父親が国家間の事件に巻き込まれ、家族を誘拐された青年が謎の組織に追われながら、陰謀の真相に迫っていく姿を描く。

監督:マブルク・エル・メクリ Mabrouk El Mechri
出演:ヘンリー・カヴィル、ブルース・ウィリス、シガニー・ウィーヴァー

シャドー・チェイサー (2012)のあらすじ

休暇を過ごす家族と合流すべく、スペインにやってきたウィル(ヘンリー・カヴィル)は、クルージングの途中、街へ買い出しに。ところが船に戻ると、家族の姿は消えていた。事件に巻き込まれ、地元の警察に捜索を依頼するが、逆に警官に襲われてしまう。そんな彼のピンチを救ったのは父親のマーティン(ブルース・ウィリス)で、実はCIAの秘密局員である父の仕事がらみで家族が拉致されたらしいとわかる。

関連記事

  1. デス・ウィッシュ (2018) : Death Wish

  2. RED/レッド (2010) : RED

  3. LOOPER/ルーパー (2012) : Looper

  4. セットアップ (2011) : Set Up

  5. ダイ・ハード/ラスト・デイ (2013) : A Good Day to Die Hard

  6. REDリターンズ (2013) : RED2