ノーバディーズ・フール (1994) : Nobody’s Fool

アメリカ・ニューヨーク州の郊外を舞台に、ひとりの土木作業員が様々な出来事を通して、失いかけていた人間の絆を取り戻していくヒューマン・ドラマ。リチャード・ルッソの同名小説をロバート・ベントンが脚色・監督した作品。撮影はジョン・ベイリー、音楽はハワード・ショア、編集はジョン・ブルームがそれぞれ担当。

監督:ロバート・ベントン
出演:ポール・ニューマン、ブルース・ウィリス、メラニー・グリフィス、ジェシカ・タンディ、ディラン・ウォルシュ、フィリップ・シーモア・ホフマン、プルット・テイラー・ヴィンス

ノーバディーズ・フール (1994)のストーリー

ニューヨーク州、ノース・バス。中学時代の恩師ミス・ベリル(ジェシカ・タンディ)の家に下宿しているサリー(ポール・ニューマン)は、60歳の土木作業員。財産もなく離婚した妻や実の息子とも不仲のまま、長い年月が過ぎていた。彼は仕事中に負った怪我のため、自分の雇い主カール(ブルース・ウィリス)と裁判で争っていた。サリーの悪友でもあるカールは浮気を繰り返しては妻トビー(メラニー・グリフィス)を泣かせていた。裁判で負けたサリーは、腹いせにカールの工事現場からセメント・ブロックを盗みだそうとして軽トラックを立ち往生させてしまい、仕方なくヒッチ・ハイクをすることに。彼を車に乗せてくれたのは、なんと音信普通だった息子のピート(ディラン・ウォルシュ)とその一家であった。ピートは妻と子供を連れ、サリーの別れた妻・ヴェラ(エリザベス・ウィルソン)の許へ感謝祭のお祝いに行く途中だという。数日後サリーはポーカーでカールに負けた仕返しにと、ピーターを誘ってカールの除雪車を盗む。感謝祭の日がやってきた。ヴェラの家を訪ねたサリーは、ピートの長男ウィル(アレックス・グッドウィン)と思いもかけずドライブに出かけることに。サリーは弱虫だったウィルに“勇気を出すこと”を教えた。ピートは妻と別れたうえに失業し、サリーのアシスタントとして働くことになった。ところがピートの出現でいじけていた相棒ロブ(プルット・テイラー・ヴィンス)がある日現場から怒って去っていく。追いかけたサリーは運悪く以前から喧嘩していた警官(フィリップ・シーモア・ホフマン)と鉢合わせ、いきがかりで相手を殴り倒し、あわや刑務所送りになりかけるが何とか事なきを得る。留置所から出た彼を待っていたのは寂しがり屋のロブだった。一方トビーは新しい浮気相手を作ったカールに愛想をつかす。サリーは「一緒に町を出よう」と誘う。うなずいたものの、トビーはカールの許へ帰っていった。またピートも妻とよりを戻しウィルを連れて去る。喧嘩騒ぎで一度離れたミス・ベリルの下宿に戻ったサリーは、自らの病にも、一人息子の破産と失踪にもめげない彼女の傍で、周囲の人々との絆を確かめあえた一冬の事件を思い起こしながら笑みを浮かべて眠りにつくのだった。

  1. 町の仲間たち
  2. 息子・孫との再会
  3. 除雪機泥棒
  4. 孫のウィル
  5. 父と子、子と父
  6. 「おじいちゃん早く」
  7. 町一番のバカ
  8. 「あなたは私の万馬券よ」
  9. ブタ箱入り
  10. 男の中の男
  11. 「皆がなつくタイプでね」
  12. エンディング

関連記事

  1. ストーリー・オブ・ラブ (1999) : The Story of Us

  2. アルマゲドン (1998) : Armageddon

  3. 12モンキーズ (1995) : 12 Monkeys

  4. ラストマン・スタンディング (1996) : Last Man Standing

  5. マーシャル・ロー (1998) : The Siege

  6. マーキュリー・ライジング (1998) : Mercury Rising