ジャッカル (1997) : The Jackal

ジャッカルという呼び名だけ知られる正体不明の超大物暗殺者と、彼を追うIRAの元テロリストの攻防を描くサスペンス・アクション。フレデリック・フォーサイスの有名小説『ジャッカルの日』のフレッド・ジンネマン監督による同名映画化作品(73)にインスパイアされている。

監督はマイケル・ケイトン=ジョーンズ。原案・脚本はチャック・ファーラー。撮影はカール・ウォルター・リンデンロウブ。音楽はカーター・バーウェルで、主題歌はマッシヴ・アタックが担当。美術はマイケル・ホワイト。編集はジム・クラーク。

監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
出演:ブルース・ウィリス、リチャード・ギア、シドニー・ポワティエ、ダイアン・ヴェノーラ、マチルダ・メイ、テス・ハーパー

ジャッカル (1997)のストーリー

正体不明の超大物暗殺者ジャッカル(ブルース・ウィリス)は、チェチェン・マフィアの首領テレク(デイヴィッド・ハイマン)から彼の弟を殺した米国の情報機関の要人暗殺を依頼される。ジャッカルにとっても相手が巨大なだけに最後の仕事となるため、報酬は7千万ドル。この情報をつかんだ、テレクの組織壊滅を図るFBI副長官プレストン(シドニー・ポワチエ)とMVD[ロシア情報局]のコスロヴァ少佐(ダイアン・ヴェノーラ)以下のチームはジャッカルの足取りを追うが、相手は神出鬼没。チームは彼の行動を予測し、狩り出せる数少ない人間として、元IRA幹部で超一流のテロリスト、デクラン・マルクィーン(リチャード・ギア)を起用。彼は仮釈放とジャッカルの素顔を知る元バスク祖国と自由の闘士イザベラ・ザンコーナ(マチルダ・メイ)を協力者にすることを条件に捜査に加わる。実はかつてイザベラと恋仲だったデクランは、武器売買のトラブルからふたりの間の子供をジャッカルに殺されたという因縁があった。さて、ジャッカルは、遠隔操作が可能な超強力な究極兵器を手中にカナダ経由で米国へ潜入。デクランはジャッカルに迫るが、FBIの内部情報まで把握するジャッカルはコスロヴァらを殺し、デクランに「お前は女を守れない男だ」と謎のメッセージを残す。その言葉からジャッカルの標的が大統領夫人(テス・ハーパー)であると知ったデクランは、先回りして遊説先の会場でジャッカルを待ち受ける。はたしてジャッカルの究極兵器が演壇を襲うが、夫人は間一髪で無事。かくしてデクランはジャッカルを追い詰め、苦闘の末彼を倒すのだった。

関連記事

  1. ストーリー・オブ・ラブ (1999) : The Story of Us

  2. パルプ・フィクション (1994) : Pulp Fiction

  3. 12モンキーズ (1995) : 12 Monkeys

  4. 永遠に美しく… (1992) : Death Becomes Her

  5. ノーバディーズ・フール (1994) : Nobody’s Fool

  6. シックス・センス (1999) : The Sixth Sense