ラスト・ボーイスカウト (1991) : The Last Boy Scout

私立探偵がフットボール賭博に絡む陰謀に巻き込まれるというアクション。脚本はシェーン・ブラックが執筆。監督はトニー・スコット、撮影はウォード・ラッセル、音楽はマイクル・ケイメン、編集はスチュワート・ベアード、マーク・ゴールドブラッド、マーク・ヘルフリック、美術はブライアン・モリスが担当。

監督:トニー・スコット
出演:ブルース・ウィリス、ホール・ベリー、デイモン・ウェイヤンス、ノーブル・ウィリンガム、チェルシー・ロス、チェルシー・フィールド

ラスト・ボーイスカウト (1991)のストーリー

かつては輝かしい経歴を持っていたジョー(ブルース・ウィリス)だが、今では自暴自棄になり家庭も崩壊していた。護衛を頼まれていたダンサーのコリーが殺される。彼女の恋人ジミー(デイモン・ウェイヤンス)はかつてはロサンゼルス・スタリオンのQBとして活躍していたが、賭博容疑で追放されてからは鬱屈した人生を送っていた。ジョーはジミーと手を組み、事件の真相を探り始める。スタリオンのオーナーのマーコーン(ノーブル・ウィリンガム)は、フットボール賭博の合法化を狙って根回しをしていたが、それを知ったコリーにゆすられて殺害。さらに法案賛成の見返りに600万ドルを要求していたベイナード上院議員(チェルシー・ロス)の暗殺を計画していた。スタジアムでフットボールを観戦中のベイナードを狙撃者が照明塔から狙うが、ジョーが死闘の末に倒し、その結果、妻と娘の愛と信頼を勝ち取り、自信を取り戻すのだった。

関連記事

  1. マーキュリー・ライジング (1998) : Mercury Rising

  2. パルプ・フィクション (1994) : Pulp Fiction

  3. 12モンキーズ (1995) : 12 Monkeys

  4. フィフス・エレメント (1997) : The Fifth Element

  5. シックス・センス (1999) : The Sixth Sense

  6. ノーバディーズ・フール (1994) : Nobody’s Fool