シン・シティ (2005) : Sin City

米国の鬼才フランク・ミラーのグラフィック・ノベルを映画化。暴力が渦巻く“罪の街”で愛のために闘う男たちの3つの物語が、パートカラーの斬新な映像で展開。

監督:ロバート・ロドリゲス Robert Rodriguez , フランク・ミラー Frank Miller
出演:ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、ベニチオ・デル・トロ、イライジャ・ウッド、ジョシュ・ハートネット、ロザリオ・ドーソン、ルトガー・ハウアー、ジェシカ・アルバ

シン・シティ (2005)のあらすじ

愛する高級娼婦を殺された前科者マーヴ(ミッキー・ローク)。悪徳警官の死体を始末しようとするドワイト(クライヴ・オーウェン)。かつて自分が救った少女と再会する刑事ハーティガン(ブルース・ウィリス)。シン・シティを生きる彼らそれぞれの壮絶な運命を描く。

シン・シティ (2005)のストーリー

犯罪がうずまき、悪徳と欲望が栄えるベイシン・シティは、いつしか罪の街(シン・シティ)と呼ばれるようになっていた。
(エピソード3)心臓に持病を持つ老刑事ハーティガン(ブルース・ウィリス)は、連続幼女殺人犯であるロアーク・ジュニア(ニック・スタール)を追い詰めて重傷を負わせ、少女ナンシーを助けることに成功する。ところが相棒であるボブ(マイケル・マドセン)に裏切られ、ハーティガンは銃で撃たれ、重傷を負いながらも生き長らえた。ロアーク・ジュニアの父親であるロアーク議員(パワーズ・ブース)は復讐として、ハーティガンに連続幼女殺人の犯人の濡れ衣を着せる。だが救助された少女ナンシーだけはハーティガンを信じ、彼に手紙を送り続けた。ハーティガンはその手紙を支えに尋問に耐え続ける。
それから8年後、ナンシーからの手紙が途絶え、彼女が再び狙われていることを知ったハーティガンは、罪を認めて刑務所から出所し、大人となったナンシー(ジェシカ・アルバ)に会いに行く。ナンシーは美しいダンサーへと成長していた。再会を喜ぶ二人だが、その近くには治療の副作用で醜く変貌したロアーク・ジュニア(イエローバスタード)が潜んでいた。ナンシーが狙われているというのは、ハーティガンを動かして彼女の居場所を突き止めるための罠だったのだ。

関連記事

  1. ホステージ (2005) : Hostage

  2. ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003) : Tears of the Sun

  3. パーフェクト・ストレンジャー (2007) : Perfect Stranger

  4. サロゲート (2009) : Surrogates

  5. アンブレイカブル (2000) : Unbreakable

  6. ダイ・ハード4.0 (2007) : Live Free or Die Hard